多汗症になる

わきの下の永久脱毛をした人に多く見られる多汗症。
脱毛してつるつるになった箇所が、大量を汗をかくようになり、においもきつくなることもあります。
その原因は、毛穴の中の毛がなくなったことで、本来なら毛を伝わって出てくる汗が、毛穴からダイレクトに流れ落ちるため、多汗症のように感じることにあります。
またにおいがきつくなったと感じることも、毛穴から毛が生えていることでふさがれていた毛穴から、ダイレクトににおいがあふれるため、きつくなったと感じることもあります。
現在の医学では、脱毛によって脇汗の量が増えることは証明されていません。ただどうしても脇汗が気になる場合には、ボトックス注射を打つことも有効です。
脱毛後の多汗症には、1回のボトックス注射で永久的に持続することもあるので、試してみるのもよいのではないでしょうか。
脱毛後の多汗症の場合、神経性発汗といわれるものがほとんどで、常に脇に意識がいっていることで緊張し、発汗が起こっています。ボトックス注射を打つことで、脇汗の意識がなくなり、神経性発汗を改善することもできます。
永久脱毛をする際には、あらゆるリスクを事前に想定し、万が一のときにどんな対処法があるのか医師や担当者と相談しておくことが大事です。光01

Comments are closed.