肌トラブルがある

手足や腕、ワキなどの脱毛はごく普通に行われていますが、脱毛によって思わぬ肌トラブルを引き起こすことがあります。その一つにやけどがあります。脱毛する時のレーザーから出るパワーが強すぎることや、照射する時のジェルが薄く肌にダメージを与えるなどが原因です。

やけどは一秒でも早く対処することが重要です。ですので、なるべく早く肌トラブルに気づくために照射直後の確認をすることです。レーザーやフラッシュで照射した直後は、その当てた部位の肌が薄くピンクがかっていて熱く感じます。この照射直後では、やけどの肌トラブルに気づかないことが多くあります。それで、やけどしていないかどうかと確認するために、照射していない肌に比べて照射した部位の肌だけが、照射後もかなり熱いと感じるようであれば施術してくれた方に伝えることです。また、肌の一部が赤くなっていてその中央が白っぽくふやけたようになっているならば水泡になる可能性があります。その前に対処することで脱毛での肌トラブルの症状を軽減することができます。

脱毛の施術後帰宅して肌に熱感があるならば、すぐにアイスノンなどで冷やすことが大切です。冷やしたタオルよりも効果があります。そして脱毛してくれたサロンに連絡をとって対処することが大切です。

Comments are closed.